住宅ローンを利用する準備をしよう

20代後半にもなるとそろそろマイホームを考えます。

マイホームを購入するときには、住宅ローンを利用することが多いため、自分で必要な書類等を準備する必要があります。
必要な書類等がないと住宅ローン等の契約が前に進まないので、早めに準備するといいでしょう。

もし、マイホーム購入まで時間があるなら、住宅ローンについてチェックしているといいかもしれません。
住宅ローンを利用する前は、契約までの流れを何となくイメージしていることが多いです。

事前に流れや必要な知識等があれば、住宅ローン利用時に助かるでしょう。
住宅ローンを利用する人は多いですが、日頃から勉強している人は少ないかもしれません。

マイホームの購入を考えだしたときは、住宅ローンを意識するでしょう。
印紙代など想定外のお金で困らないように、住宅ローンについて勉強しましょう。
即時決済や即時取引ができるサービスもあります。
実際に利用するときにスムースに行えるように、単身者のときから準備しているといいかもしれません。

こんな知り合いの話もありました。

国内最大手の銀行から融資を断られた住宅ローン

土地付の一戸建て住宅を購入するにあたって土地代金と建物で大体3000万円ぐらいのところを探していました。先ずは国内最大手である都市銀行の融資係に住宅ローンの相談を持ちかけましたがなかなか思うように貸してくれることはなく断られてしまいました。

仕方がなく家探しを重点的にしていき都会ではなかなか思うような建物はなく少しだけ都会から離れた地方で何とかいい感じの土地付の建て売り住宅を見つけることができました。そうこうしているうちに不動産屋さんがいい銀行を紹介してくれることになりました国内最大手の土地でははなく地方銀行の小さなところで金利は少しだけ高いのが難点ですがこの際には仕方がなく頭金を500万円入金して3000万円を35年ではなく25年で借りる事ができました。

月々の支払いは約10万円程度で何とかなっています。それもこれも地元の不動産屋さんが色々と銀行に掛け合ってくれてとても良かった結果借りる事が出来て嬉しいです。

そしてこんなことも思います。

高い住宅ローンを払ってでも核家族で家をもつ世帯について

子供ができて、今の賃貸マンションでは手狭になってしまった。そうだ住宅ローンを組んで、1人で暮らしている妻の家庭親もつれて一戸建ての家を新築しようと考えている30代ぐらいの若い家族がいるかもしれません。

たしかに、家を建てる際には膨大なお金がかかるので、家族3~4人で済むよりかは、仲が良ければ夫婦の両親を連れて一緒に住む手段もあります。現に、3世代家庭一戸建てで生活している世帯は平成初期までは多く、夏休み頃にやっていたホームドラマなどでも、このような光景が珍しくなかった。

でも、いくら膨大な金を費やして家を建てても、孫と子供との関係など人間関係に関わりたくないなどの核家族が増えていたのが今の時代です。でも、家を建てるのに何千万円のお金を使うのかと億劫になる人には2世代家庭中古物件に住むという手段もあります。値段は少しだけ安くなることがあるそうだ。

それでも、比較的築年数が浅い中古物件ではそれほど差がないことが多いのが現状である。

自分の趣味はやっぱり海釣りなので住宅ローン 2件目を貸してくれるところも探し、海に近い海釣り用の家を購入するのが今のところの夢です。